お薦め

メンテナンスと定期チェック

インプラントに限らず、歯科関連の治療全般について言えることですが、
患者側にとっては、治療が終了した時点からの努力が非常に大事になってきます。
そこからが本当のインプラント治療の始まりとも言えます。

治療だけを受け、定期的に歯科医院に通うことを怠った方の歯の残存数と、
きちんと自宅・歯科医院でのアフターケアを行った方の歯の残存数を比べると、
明らかな違いが出てくるという結果からもわかります。

インプラント治療が終われば、もう歯周病などの歯のトラブルは心配がなくなると思われる方もいらっしゃいますが、
それは大きな間違いです。

インプラントにより埋め込んだネジの周辺は、元々の自然な組織よりも細菌が入りやすいと言われており、
歯周病細菌によってインプラント周辺の骨が溶け、歯槽膿漏と同様の症状が起こってしまうのです。
こういった状態を避けなければ、せっかく高額な治療費を支払い、時間をかけてインプラント治療をしても
意味がなくなってしまうのです。
そのような状態を必ず避けて頂くために、十分なメンテナンスと定期的なチェックが非常に重要となるのです。

メンテナンスは、3、4ヶ月に1度、
2年目以降は年に1度という回数で歯科医院を訪れ、チェックと予防を受けることを勧められます。
項目としては、周辺が歯周炎になっていないか、咬み合わせは良いか、天然歯は歯周病になっていないか、
義歯が破損していないかが主になります。
また、これに伴い、歯垢・歯石の除去も重要となります。

そして、一般的な歯周病予防でも言われますが、
自宅での歯磨きによる衛生的な口内を保つということもとても重要になってきます。
これには、普通の手動歯ブラシよりも、音波ブラシが有効的だと言われます。
音波の程よい圧力は、傷つけてしまうという手動の加減の難しさを解決し、
また、手動ではなかなか磨き辛い箇所まできちんと汚れを掻き出すことができます。

このように、治療後のメンテナンスの方が大事だと言っても過言ではないインプラントの要については、
初めのカウンセリングの際、きちんと説明されますので、
それを念頭においておくことでインプラントを成功させることに繋がります。
こちらのサイトでもインプラントやお口の中のトラブルについてのくわしい解説がたくさんあります。是非、ご覧ください。