お薦め

インプラントと全身疾患

例えば、脳梗塞によって半身麻痺となってしまった方がいます。
その方が、歯が抜けてしまい、咀嚼機能が衰えてしまったとすると、どうでしょうか?
入れ歯の出し入れなんて、とても大変な作業ですよね?
そういった全身疾患のある方でも、「インプラント」は行うことができる治療法なのです。

ただし、中程度以上の全身疾患がある場合は、手術を行うことが難しい場合が多いですし、
その他についても、歯科医院によってはできないと判断される場合もありますので、
以降は一般的な見解としてご紹介いたします。
よく言われるのが、糖尿病・高血圧・心臓病の方についての「インプラント」治療の可否です。

まず、糖尿病には、免疫力が落ちるために傷が治りにくい・感染症を起こしやすいといったことが言えますが、
きちんと抗生物質を飲むことで安心して治療を受けられます。

また、血糖値を下げる薬(インスリン等)の自己注射を行われている場合には、
術後に血糖値が下がり過ぎてしまうと危険なので、充分な注意が必要です。

次に、高血圧の方の場合、緊張や不安が増大すると術中に血圧が上がり過ぎてしまったり、
局所麻酔に若干含まれる血圧上昇作用などにより、異常が見られてしまうことがありますので、
点滴等で鎮静するという対応が必要になります。

そして、心臓病、また前述した脳梗塞の方についても言えますが、
この疾患を抱える方は、血液の流れを良くする薬を飲まれている場合が多く、
そうすると、術中に出血が止まらなくなるといったことが起こる可能性が出てきます。

しかし、最近の術式では、そういった薬を飲んでいても、きちんとした止血処理を行えば問題ないとされているので、
ご安心いただけます。

その他、骨粗鬆症や腎臓病、肝臓病といった疾患を抱える方でも、
「インプラント」を行えるとしている医院が多数ございますので、安心です。

しかしながら、どういった場合であっても、歯科医が十分な知識を持っていることと、
疾患のかかり付け内科医の方との強い連携体制を作ることが非常に重要になってきます。
こちらのサイトにインプラントの検査についての詳しい解説があります。是非、ご覧ください